So-net無料ブログ作成
検索選択

義士ツアー♪ 其の弐 [日本の旅は美しい]

 秋葉原でJR総武線に乗り換え、両国に着きました。ここは新国技館と江戸博物館の街。

 そして駅をはさんで反対側、静かな住宅街の中にひっそりと、討ち入りの舞台となった本所松坂町・吉良上野介邸跡が残されています。

P3140008.JPG

お邪魔しま~す。


吉良邸.JPG

歴史を愛する町内の方々の尽力によって、今はこうして小さな公園となっているとのこと。


図面.JPG

吉良邸、広かったんだなぁ。何十LDK???


 図面を入手する件も、劇的というかメロドラマ風に描かれますよねぇ。岡野金右衛門(やっぱりイケメン)という人が、吉良邸を改修した際に携わった大工の娘をたぶらかして手に入れたんだとかなんとか、みたいなね。

首洗い井戸.JPG

実は義士たちのほとんどが、吉良様の顔を知らなかったらしいんですよね。


 吉良様って結構好々爺風だったって説もあるし。

 このヒト斬っちゃっていいのかな???ってことにならなかったのかなぁ?とか。

P4170002.JPG

「両国大川屋」の「吉良せんべい」は、まぎれもなく好々爺風でした。


P4170003.JPG

ね?


P4170004.JPG

さらに、これにいたっては(笑)…


 ものすご~くイジワルに描かれてることが多いですが、「このヒトを悪役とするのは創作。ホントはそんなに悪いヒトじゃない」という声も、よく聞かれますものね。

 さてさて、この後めざすのは、もちろんあのお寺です。


タグ:お菓子 歴史
nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 20

コメント 4

luces

吉良様は名君だったらしいですね。浅野様は頭に血が上りやすい方だったそうな。
お寺といえばあそこでしょう。
この前デパートのイベントで切腹最中を売っていたので買ってきました。
あんこたっぷりでおいしいですね。
by luces (2013-04-22 19:03) 

ナッツ

lucesさん、
ね。そうらしいですよね♪
引っ込みのつかない男たちの、
雪だるま式のトラブルストーリーなんですね。
でもそんなところも、好きかもです^^
切腹最中はネーミングも見た目もおいしさも楽しめる逸品ですね^^
by ナッツ (2013-04-25 12:14) 

カエル

江戸博物館に行くと、染物や印刷技術のところで足が止まるんだよね。
人によって興味の先が違うのがおもしろいですわ。
by カエル (2013-05-01 10:09) 

ナッツ

カエルさん、
江戸博、大好き~!
ちょっと前に尾張徳川家の企画展観に行ったけど
さすがゴージャスな感じで良かったです。
常設もおもしろいよね。
ミニチュアの松の廊下もあるし^^
by ナッツ (2013-05-01 18:05) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。