So-net無料ブログ作成
検索選択

女の新橋。 [お出かけグルメ&お買い物]

 新橋って、オッサンの街だと思う?

 でもね、大人の女も楽しめるお店っていっぱいあるんですよ。といっても、決して高いお店とかのお話ではなくて…お酒loversが楽しめる、リーズナブルでとにかくおいしいお店のことです。

 先日、京都からmayuさんが来ることになって、新橋で働くサラリーマン主婦ナッツが、この街をご案内することになりました。1300年の都に住んでる方に喜んでいただける新橋って、どんなかしらん?いろいろ悩んだ結果、「安くてうるさくて狭くて、だけど活気だけは負けないよ!」という新橋の良さ、そして女性でも満足できる、ちょっと粋で、とってもおいしいお店めぐりの【女の新橋】コースを考えてみました。

 今日は飲むぞ~!3軒はしごしちゃう。mayuさんとは、SL広場で待ち合わせ。

 まず皆がそろう前に、二人で0次会へ。1軒目に選んだのは、「俺のイタリアン」です。カウンター席で、立ち飲みワイン。

DSC_0126.JPG

フォアグラを使ったメニューが大人気! 


 ここはリッチな食材を使ったメニューがリーズナブルで、オープンしてからすぐに有名になりました。テーブルの予約は、1ヶ月前でも取れないことが多いんです。スタンディングバーとして、ササッと利用するのがオススメです。

 次は2件目! mayuさんには、東京に来たら安くておいしいお刺身を食べてほしいな~ということで、予約していた「裏路地・魚金」です。ここで、カエルさんみちさんが合流。

 魚金といえば、新橋に多数店舗を構える、魚のおいしいことで有名な居酒屋さん。一皿のボリュームがガッツリで、料金も安いので、サラリーマンに超人気のお店です。私も新橋勤務になって以来、ずっと大の魚金ファン。

 そしてここは魚金帝国である新橋における最新店舗。他のお店と違うとこは、ちょっとおしゃれで、隣のテーブルの人とぶつからない(笑)。

DSC_0128.JPG

はい、名物6点盛り、ド~ン。て、全然6点じゃないよね!


DSC_0130.JPGDSC_0131.JPG

盛りの良いおつまみと、おいしいお酒で、4人は一瞬で打ち解けて。


 mayuさんと仲良しで東京の達人カエルさんと、会議が終わって駆けつけてくださったみちさん。はるばる京都からのmayuさんを囲んで話は弾み…

 お次は3軒目!「エッセンシャルクッキング」。1軒目にいる時、mayuさんに「3軒目は日本酒がいい? ワイン? カクテル?」と相談したら、「お腹もいっぱいになってる頃だし、日本酒だと重いかもね~」なんてことで、軽くワインが飲めるバーに決めました。

DSC_0135.JPG

まずは、屋外のスタンディング席でカンパ~イ♪


 このお店はカジュアルなフレンチビストロ。軽いおつまみと、種類豊富なお酒がポイント。最近見つけたのですが、入りやすい雰囲気と使い勝手の良さが気に入ってます。

DSC_0136.JPGDSC_0137.JPGDSC_0138.JPGDSC_0139.JPG

もうおしゃべりが止まりません^^;


 女の新橋、堪能していただけたかしらん??? 皆さん、遠いところまで、そして遅くまで、本当にありがとうございます。再会を祈って、しばしのお別れです。



 決しておしゃれな街じゃない。でも、安くて絶対においしいお店があちこちにあって。路地にあふれたテーブル席や、良い感じに気分がほぐれたサラリーマン同士のガヤガヤした雰囲気も好き。

 明日の元気を養う、働く人の憩いの場所。上司がOLさんを、には限らず、今はカッコイイ先輩女子が、可愛い後輩男子を連れてくる。10年代のここは、もはやオヤジだけの街ではなく、働く老若男女の街なのだ。

 私、まだまだ女の新橋を開拓します。新橋の思い出、お気に入りのお店情報、募集中です! コメントお待ちしてま~す^^



タグ:お酒 新橋

長崎の旬じゃがで、あっさりポタージュ♪ [ナッツ亭のモニターレシピ]

 「JA全農ながさき  長崎の旬じゃがで作るシンプルレシピ」に挑戦します。長崎県産ニシユタカという品種を使ったモニターです。

P5270011.JPG

じゃがいものあっさりポタージュ♪


【材料】※3人分
じゃがいも(長崎県産ニシユタカ)   1個
新玉ねぎ   1/4個
低脂肪牛乳  600cc
米粉      大さじ2
オリーブオイル 大さじ1
☆調味料
固形コンソメ  1個
酒       大さじ2
塩       一つまみ
こしょう    少々
タイム、ナツメグ  少々

【作り方】
1 じゃがいも、新玉ねぎは小さな角切りにする。
2 鍋にオリーブオイルを熱し、1を弱火で炒め、半透明になったら、米粉を加えて全体にまぶしながら炒める。
3 牛乳を少量ずつ加えて混ぜながら加熱し、とろみを出しながら煮る。
4 牛乳がすべて混ざったら、☆の調味料をすべて加えて5分ほど煮込む。
5 いったん火を止め、ブレンダーでポタージュ状にする。
6 再び弱火で加熱し、一煮立ちしたらできあがり。

P5270008.JPG

ブレンダーで一気にこの状態へ。


 鍋の中でも使えるあの便利な調理器具、スティック状のブレンダーを使いました。

 さぁ、熱々を器に取って、いただきま~す。

P5270013.JPG

ん! じゃがいもの甘みが広がって、すごくおいしい!!


 オリーブオイルと低脂肪乳を使うから、あっさりした味に仕上がっています。バターや生クリームを使えばもちろんおいしいんだけど、私は軽くてもたれないこの感じ、好きなのです。

 それにこの品種、ニシユタカというものだそうですが、煮崩れしなくてしっとりしていてきめの細かい舌触りなんです。だから、ポタージュにした時も、ざらつきがなく、喉越しなめらかでクリーミー。スープにも向いてるんじゃないかと思います。

 いつもは小松菜とかキャベツ、ブロッコリーなんかを混ぜるのですが、今回はじゃがいもだけでシンプルに作ったので、じゃがいもの味わいをより楽しめる一皿になりました。

P5270005.JPG

届いた旬のじゃがいもはつやぴかで、とってもきれいです。


 次は何を作ろうかな? まだまだ挑戦は続きます。

 レシピ記事が続きますので、落ち着くまでちょっとの間、コメント欄は閉じさせていただきますね。

長崎旬じゃがの料理レシピ
長崎旬じゃがの料理レシピ

nice!(17)  トラックバック(0) 

信長さんは焼き鳥がお好き? [思春期girlに飴と鞭]

P5210017.JPG

最近、図書館で見つけた本。


 ウチの娘、歴史好き。とくに戦国時代ダ~イスキ。いちばん好きなのは戦の話。それにつられて私もついついはまってしまい、娘が図書室で毎日借りてくる歴史本(漫画なんですけどね)を読むのが日課となる始末。

 でもね、私、お城や戦の話より、カルチャーのほうが好き。この時代は茶の湯とか、キリスト教なんかも大流行したし。なんか、かなりおしゃれなんだよね。男の人たちがね。食とかファッションとかヘアスタイル(ちょんまげのことですけどね)なんかのことも気になっちゃう。

 それで見つけてきたのがこの本。

 健康に非常に気を使っていた徳川家康が、鯛の天ぷらにあたって死んだのは有名な話。その他テッパンの、武田信玄のほうとうに、伊達政宗のおせち料理を筆頭に、石田三成が関ヶ原で負けて、落ち延びた先で村人に供されたニラ雑炊に至るまで。

P5210018.JPG

そして信長さんは焼き鳥が好きだったんだとか…。


 当時はニワトリを飼ってないから、キジね! ノブ様ったら都風の薄味の料理がキライで、味の濃い~ものが好きだったらしい。まぁ戦って、肉体労働ですから、当然ね。キリシタン大名はフツウは日本人が食べない牛鍋なども食べていたみたいだし、秀吉さんは虎の肉(えぇ!?)を所望されたりとか、そんな話もある中で、天下統一をめざしてた大英傑の好物が焼き鳥って、なんか可愛くない?

P5210014.JPG

で、わが家も焼き鳥に。


 ノブ様風に、しょうゆでガツンと濃い味にしました。

 そうそう、焼き鳥って言えば…

P5200001.JPG

毎年近所の神社で行われるお祭りに。


P5200008.JPGP5200009.JPGP5200010.JPG

娘の大好きな友達を誘って出かけてきました。


P5200003.JPG

夜のお祭りは、カラフルでにぎやかで。


 私は子どもの頃、お祭りのない街に住んでいたので、こんな風景が子ども時代の記憶に残るって、なかなかいいものなんじゃないかな~って思うんです。

 焦げたソースの香り。胸焼けするとわかってるのに食べたくなる屋台メシ。渇いた喉に冷たいビール。大人になってしまった今は、何があるでもないんだけれど、なんとな~く心が騒ぐ気がするような、いつもの夏の始まりです。



タグ:祭り 歴史

娘弁当2012、初夏♪ [ナッツ亭の料理]

 最近の塾弁をご紹介します。よく作るおかずは、塩麹を使った鶏肉や魚のグリル。それに、ブロッコリーのチーズ焼き、しいたけのグリル。乾物煮物も定番です。炒飯やオムライスも、週1くらいで作ってますね。

 「オムライスは子どものロマンだ」という娘の心の叫びを聞いたあの一件から、ちょくちょく作っているんです。

P4010008.JPGP4220020.JPG

天丼弁当、たけのこご飯弁当。


P5040002.JPGP5080020.JPG

オムライス弁当、炒飯弁当。


P5100025.JPGP5170015.JPG

ぐるぐる玉子焼き弁当、鶏の塩麹焼き弁当。


P5200019.JPGP5130001.JPG

ブリの塩麹焼き弁当、オムライス弁当。


 オムライスでケチャップアート?してみたいんだけど、細く出るケチャップって知りません?

P5040004.JPG

日曜日も塾の娘。私は、お弁当の残り物で一人ごはん。


P5040006.JPG

この瞬間がひそかな楽しみ。


 こうしてブログを続けているから、過去のお弁当も振り返ったりできるんですが、ちょっとはコツを覚えたかなぁ。お弁当作りってとっても苦手だったんです。最初の頃ってもっとまとまりがなくて、テキトウに詰めていたような気が…。

 今週は運動会があるので、また張り切って作らなくちゃ!と思っています。



タグ:料理 弁当

横浜中華街、楽園でランチ♪ [大好き!横浜中華街]

P5060001.JPG

5月のある晴れた日曜日。


P5060016.JPG

今、私はドコにいるでしょ~かっ!?


 はい、もうわかりましたね!そうです、ここです、家族3人で訪れた、この極彩色のエスニックな街並みといえば…

P5060002.JPG

もちろん横浜中華街。


P5060003.JPG

何はなくともめざすはただ一つ、楽園というお店です。


 ここ、数年前からわが家のお気に入りなのです。餃子の皮がおいしい中華街の製麺所(残念ながらその製麺所は閉店しちゃったんだけど)で教えてもらった、地元の人に人気のこのお店。超老舗店、大型店が並ぶ大通りにありながら、下手するとスルーしちゃいそうな、「え、ここ?」っていう渋~い存在感を醸し出してるお店です。

 さてさて、久々の楽園。例によって、勝手に注文し始める主人です。そのチョイスに迷いはありません。

P5060004.JPG

ピリリと辛くてキレのあるエビチリ。


P5060005.JPG

青菜の炒め物は、シャキシャキおいしい空心菜。


P5060007.JPG

揚巻。中身は野菜が多く、見た目よりもヘルシーっぽい?


P5060009.JPG

ねぎ、卵、チャーシューしか入っていないシンプル炒飯。


 でもねこれ、すっごくおいしいの! やっぱり中華料理店のよさって、炒飯でワカルと思うんだ!

P5060010.JPG

仕上げはワンタン。エビがプリプリ


 久々の楽園、おいしかったな~。値段は高すぎず(でも安くもないんだけどね)、気軽に入れるお店です。気合を入れた食事会にはまた違ったお店を紹介したいけど、家族とか、親しい友達と軽くランチするにはピッタリなの。

P5060011.JPG

やっぱり中華街って楽しいよね~♪


 しばらく来ないうちに、知らないお店もたくさんできていて。さらに新しいお気に入りも、開拓したくなっちゃいました!

 皆さまの中華街のお気に入りはどこですか? ゼヒゼヒ教えてくださいね^^


タグ:横浜 中華街

11歳@キッチン♪ [ナッツと娘の親子料理]

 初めてのパンケーキから数日。あれから毎週キッチンに立つようになった娘でありました。

 
P4200008_2.jpg

先日は、カレーに挑戦。


 カレーって、十人十色の好みがある。主人の場合は「じゃがいもの煮崩れは絶対NG。隠し味をふんだんに加えて、だし感たっぷりに」。私は「すべての野菜を大きく切ってゴロゴロと、鶏肉の皮は取り除く。スパイスを多用し、香りと辛さでエッジーに」。

 娘も例外ではありません。初めて挑戦するというのに、大胆にも理想のカレーを語ります。

「にんじん、玉ねぎは小さく。じゃがいもは適当な大きさがあって、しかも煮崩れ寸前のやわらいのがおいしい。ポークよりもチキンカレーが良い。そして鶏肉は多めに入れる」

 そこまでこだわるか。

「ママのは具が大きすぎるんだよ!硬いの嫌い」

 そんなことをブツブツつぶやきながら、私の手は一切借りず、玉ねぎで滝のように涙を流しながら娘が作ったカレーがこちらです。

P4200019.JPG

娘特製、チキンカレー。


 じゃがいもと玉ねぎがとろりと煮えて、甘みのあるまろやかなカレーになりました。本人もたいそうご満悦。やっぱり料理って、理想が大事だね。

 次の週になると、今度は肉じゃがを作ると言い出した。

P4270003.JPG

ジャ~ン。


 回を重ねると、だんだんスムーズになってくる。味つけも、何を入れるかだけを教えてあげて、味見と調整は自分でやらせてみたのです。これが結構、間違いないの。さすが、オッサン味覚の持ち主。

 主人なんか、ご満悦で日本酒モードです。

 さすがだね~。11歳。

 最近は、電車の塾通いも、迎えなしで自力で乗り換えて帰ってこられるし。

 やっぱり10歳の時とは全然違うんだな。なんだか、この1年ですっかり大きく成長した感じがします。



ポルチーニのチーズリゾット♪ [ナッツ亭の料理]

 最近のお気に入りメニューってありますか? わが家は…

P4070015.JPG

ポルチーニのチーズリゾット


 よくお客様に出す料理なのですが、最近は家族だけの時も。娘がリクエストするのです。

 海外に行った友達から時々、乾燥ポルチーニをいただくことがあります。これはだいたいいつもリゾットに使います。ポルチーニって、良いおだしが出て、森の中にいるような、ステキな香りがしますよね。そんな香りとおいしいスープをしっかり含ませて、お米はちょっと硬めにミルクとチーズで炊き込んで。盛りつけたら、テーブルで、黒こしょうをガリガリと。 

娘「ママ、おかわりないの?」
私「ない!」

 …ゴメンよ~、これ、ワインのシメのつもりだったんだ。で、結局二晩続けて作っちゃいました。

 娘の大好物つながりで…

P5030028.JPG

休日朝限定、スクランブルエッグ。


 スクランブルの味つけはオリジナル。牛乳を加えてふんわりと、あとはスパイスを多用して、あと引く味に仕上げます。いろいろ入れてるんだけど、粉チーズと黒こしょうは絶対外せないな~。

 あ、それから…

P5090023.JPG

例の秘密兵器で作った、緑のポタージュ。


 キャベツ、ブロッコリー、長ねぎと低脂肪乳、オリーブオイルで作りました。とろみは米粉で出したの。米粉っていいね! もたれないし、唐揚なんかにつかってもカリッと揚がるし。

 娘もこの味気に入ったみたいです。野菜の甘みがおいしくて、クセになっちゃいそう。

  皆さまは、最近リピートしちゃうメニューってありますか? ゼヒゼヒ教えてくださいね!


タグ:料理 チーズ

蔵出し兵器、再始動。 [ナッツ亭の料理]

 いつか、某クレジットカードのポイントを貯めてGETした、あの憧れの秘密兵器。

 結局、一度だけスフレチーズケーキに挑戦して以来封印しちゃった、あのちょっとイラッとする道具。
 
 いろんな言い訳をして、お蔵入りにしてしまったいわくつきのあれを、たまには出してみようかな~と、そんな気の迷いがどこからかやってきて…

 いやいやだってあれ、飛び散るんだもん!(やり方が悪いからじゃん)

 それに、いちいち出すのが面倒!(しまう場所が悪いんじゃん)

 そんな自問自答の末、この連休、ついに蔵出しと相成りました。

P5050007.JPG



 娘と二人の昼パスタ。おしゃれなグリーンのソースなんか作ってみようかな~なんて。

 というのは表向きで、野菜室に残ってるたっぷりの小松菜をやっつけたくて。

P5050009.JPG

小松菜と青じそと玉ねぎを牛乳のスープに加え…


P5050010.JPG

ウィ~ン。


 そうか。鍋の中でスイッチON/OFFすればいいんだ~。(今さら?) あらかじめ炒めておいたベーコンときのこを加え、味つけをして、パスタをゆでている間、ちょっと煮込んで。

 盛りつけて、彩り野菜をトッピング。今日は青ねぎとミニトマト。
 
P5050013.JPG

で~きた!小松菜ソースのパスタ。


 粉チーズをたっぷりかけて、いただきま~す。

 やっぱりこれ、便利だね。イラッとするなんて思っててごめんなさい。これからはどんどん使っていこうと思います。まずはこうしたパスタソースか、スープなんかに使おうかな。

 もしお使いの方がいらっしゃれば、ご自宅での使いみち、ゼヒゼヒ教えてくださいね!


タグ:パスタ 野菜

パパと子どもの釣りツアー&お刺身祭り♪ [ナッツ亭の料理]

 一度釣りをやってみたかったという子どもたちを連れて、パパたちが釣りツアーを企画。GWのメインイベントです。

 早起きをして、朝6時半に船宿集合、約3時間の釣りを楽しんで、食べきれないほどのアジをGETしてくる…というのが、主人の描いていた筋書きでありましたが。

 結果は、船酔いで撃沈するメンバーあり、爆釣を期待してのアジ釣りであったはずが、天候のせいか、意外に思わしくなく…。でも、初めての釣り体験に、子どもたちは大満足。これも前日までお仕事で疲れてるのに早起きしてくれたKさんと、子どもたちに渾身の指導をしてくれたSさんのおかげだね。アリガトウ^^

 そんな釣り帰りのファミリーがわが家に集まって、お刺身パーティーとなりました。魚の調理は主人。釣りたてのアジは脂がのってプリプリです。

P4300010.JPG

アジのたたき。


P4300015.JPG

アジの刺身。


P4300017.JPG

イシモチのなめろう。これもおいしかったな。


 実は皆が釣りをしてる間、私は家で待機。というのも私、船に弱いんです。フェリーみたいな大きな船でも船酔いしちゃうくらい。一緒に乗ってたら、間違いなく即死でしたわ。

 で、皆が帰ってくるまでの間、以下のオードブルを作ってました。

P4300005.JPG

サーモンとアボカドのサラダ


P4300006.JPG

ささみとアスパラのマスタード和え。


P4300009.JPG

卵とハムとベビーリーフのサラダ。


P4300019.JPG



 ローストビーフは前日に仕込み。今回は大成功。良い感じに仕上がってます。焼き時間と蒸らし方が大事なんだな~ってことがやっと最近つかめてきたような。

P4300020.JPG

シメのおにぎりは、チキンからしマヨと、ゆかり梅しそ。


P5010022.JPG

娘が釣ったという、可愛いカサゴの煮付け。


 お刺身で出た骨は、味噌汁に。釣りとお刺身で、お魚三昧の一日でした。釣りたてのおいしい刺身と日本酒で、朝早いお父さんたちは、食後に爆睡。タフな子どもたちと、待機組だったママたちは尽きないおしゃべりで夜まで過ごしました。

 お客様が帰ったあとも、初めての釣り体験に興奮気味の娘。

娘「釣り、マジではまった。来週も行きたい!」
私「新しい趣味が見つかって良かったね!」
娘「でもイソメ、さわれない!」

…て、う~ん、そうか。釣り好きへの道はまだまだ遠い?


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。